読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蓋然性合理主義的スペクトル

意識低い系社会人による日常を彩るTips

すべてが白になる

 

 

おはようございます、koeです。

台風が頻発しているので、出社停止にならないかなーと期待していたのですが、

台風さんの不甲斐なさにはがっかりですわ。。。

 

 

 

 

 

突然ですが、私はコーヒーが好きです。

主に仕事中に眠くて仕方ないときに、重宝してます。

 

 

コーヒーみたいに色素の濃いものを多飲していると、

歯への色素沈着が心配ですね。

 

他にも、赤ワインやお茶、カレーのように色の濃い食べ物や、喫煙等は、

歯の黄ばみの原因となります。

 

黄ばんだ歯なんて不潔そうだし、嫌ですよね。

そこで歯の“ホワイトニング”に取り組んでみました。

 

 

 

 

電動歯ブラシ

 

 

ホワイトニングの第一歩は電動歯ブラシを買うところからです(多分)。

やはり手で磨くのには限界があるんですね。

 

 

箒で掃除するより、掃除機を使ったほうが手っ取り早いでしょう。

例えとして適切かはわかりませんが・・・www

 

 

電動歯ブラシって色々な種類があります。

歯医者がおすすめしているとかありますが、

正直ちょっとわかりませんので、Amazonで人気商品を買ってみました。

 

 

ブラウン オーラルB プラックコントロール DB4510NE 電動歯ブラシ 乾電池式

ブラウン オーラルB プラックコントロール DB4510NE 電動歯ブラシ 乾電池式

 

 

 

こちらの電動歯ブラシ、なんと1,080円です!!

安すぎる…これなら失敗してもいいかなって感じなので、

なんとなく買ってみたわけです。

 

 

安い理由のひとつは乾電池式であることだと思います。

持っていなければ単3のエネループも一緒に買うことをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

歯磨き粉

 

 

巷ではホワイトニングを謳っている歯磨き粉もたくさんありますね。

 

 

最もメジャーなホワイトニング歯磨き粉は、

研磨剤が入っているものです。

小学校とかにおいてあるクレンザーというやつですね。

 

 

研磨剤とは歯より硬い粒子のことです。

この粒子を利用して、着色した歯の表面ごと削りとって、

まだ白い部分を露出させてやろうという考えです。

 

 

1点注意点としては、使い過ぎると、

歯のエナメル質を削り切ってしまい、

象牙が露出してしまうということです。

 

 

象牙質はその名の通りアイボリー色をしているので、

ホワイトニングしていたつもりが返って逆効果になってしまいます。

 

 

またエナメル質は虫歯から歯を守っている構造ですので、

削りすぎると虫歯の原因にもなると言われています。

まあそこまで研磨剤で削れるのか、わかりませんが…。

 

 

 

さて、そこで私が選んだのは、この歯磨き粉です。

 

 

APAGARD(アパガード) プレミオ 100g 【医薬部外品】

APAGARD(アパガード) プレミオ 100g 【医薬部外品】

 

 

 

このAPAGARDにはハイドロキシアパタイトと呼ばれる成分が入っています。

 

 

ハイドロキシアパタイトは歯を構成する成分です。

つまり歯と同じ高度の粒子であるというわけです。

歯と同じ硬さということは、歯を傷つけないということですね。

すなわち歯を傷つけることなく、表面の汚れだけ落とせるといえるわけです。

 

 

身体を洗うとき、たわしでゴシゴシしたら皮膚を傷つけてしまうのに対し、

柔らかいスポンジを使えば皮膚を傷つけないというイメージです。

例えとして適切かは (ry

 

 

逆にそんなんで本当に着色が落ちるの?

という疑問が生じるかもしれません。

しかしそこで歯と同じ成分であるということが生きてくるのです。

 

 

つまり歯の表面に付着した汚れが、

同じ成分であるハイドロキシアパタイトに移ることで、

汚れを落とせると言われています。

 

 

服についたミートソースの汚れを、

ハンカチや布巾で拭いて落とすというイメージでしょうか?

例えと (ry

 

 

 

 

 

私自身購入してまだ1ヶ月ぐらいで、

徐々に効果が見えてきたかな?というぐらいなので、

そのうちまた効果をレポしたいと思います。